筋トレをしてもプロテインを飲んでもなかなか筋肉がつかない方も多いと思います。
それでつかない方には一つの原因が考えられます。
一つ目は筋トレ後の筋肉のケアに問題があるかもしれません。
筋トレ後に筋肉痛になると筋肉がつくと思われがちですが、筋肉痛になってなくてもトレーニングをし栄養を取っていれば筋肉はついています。
それはなぜかと言うと、筋肉痛とは乳酸などの代謝物が蓄積されることで筋肉痛が起こるので乳酸が溜っていなければ筋肉痛にはならないのです。
なので筋肉痛と筋肉がつくはイコールにならないのです。
そんな乳酸の取り方は酸素をとることで消えていきます。なので筋トレの後は、有酸素運動のランニングなどを軽くやるだけでとることができます。
乳酸をとることで筋肉痛という疲労が取れることで筋肉の回復が早くなり筋肉がつきやすくなります。

もう一つはストレッチです。
筋トレの前にもストレッチは欠かせませんが筋トレ後のストレッチも大切です。
これもランニングと同じで筋肉の疲労の蓄積をしない様に助けてくれます。
乳酸を分解してあげると筋肉をつくる栄養の助けにもなりますので筋トレ後に軽めのランニングができない方は、ストレッチを行いましょう。

rekakuni | zack.afirieit@gmail.com

Related Posts

20代から30代中盤までは肉体労働をして居たのでそれなりに締まった身体をしていました。 ただ、その後デスクワー […]

皆さんはダイエットで筋トレにチャレンジしたことはありますか? きっとこれを読んでいる方は筋トレしてみたけど続か […]

筋肉で脂肪を燃やす。ご存じのフレーズだと思いますが、どこを鍛えればよいか?腹筋と答える方が多いと思いますが、腹 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です